サムスントップの逮捕認めず韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告の国政介入事件で、ソウル中央地裁は19日、特別検察官チームによるサムスングループの事実上のトップ、サムスン電子の李在鎔副会長(48)に対する贈賄や横領、偽証容疑の逮捕状の請求を棄却した。これにより、韓国最大財閥トップの逮捕は回避されたが、不透明な経営実態への批判は収まりそうにない。一方、特別検察官チームは捜査方針の見直しを迫られ、李副会長の在宅起訴を検討するとみられる。 サムスントップの逮捕認めず

 韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告の国政介入事件で、ソウル中央地裁は19日、特別検察官チームによるサムスングループの事実上のトップ、サムスン電子の李在鎔副会長(48)に対する贈賄や横領、偽証容疑の逮捕状の請求を棄却した。これにより、韓国最大財閥トップの逮捕は回避されたが、不透明な経営実態への批判は収まりそうにない。一方、特別検察官チームは捜査方針の見直しを迫られ、李副会長の在宅起訴を検討する…

続きを読む