民意を取るか、米国を取るか

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は20日、「キャンドル民心の代弁者か、米国の手先か」と題した論評を配信。高高度迎撃ミサイルシステム「THAAD(サード)」の配備問題で揺れる韓国の文在寅政権を圧迫した。 THAADの在韓米軍配備を巡っては、発射台2基やレーダーなどが配備された敷地に対しては現在、小規模な環境影響評価が進められており、今月末に終了する予定だった。しかし、文政権は1年以上かかるとされる法…

続きを読む