カバンの種類をご紹介

旅行用の中型または大型の鞄を意味します。スーツや洋服など旅行のため必要なものを運ぶのに便利なカバンとなっており、2枚貝のように蝶番で開くことが出来て鍵が付いているのが特徴です。材質は、ABS樹脂やPC(ポリカーボネート)を用いたものが多いです。ポリカーボネート製は比較的高価なスーツケースに採用されています。また小さなスーツケースは、ナイロン製も多くあります。 最近のほとんどのものには、底部に小さな車輪が付いていて、伸縮する取っ手を引っ張って転がして重い荷物も運ぶことが出来るようになっています。ビジネス用途としては、ルイヴィトン鞄 コピー海外出張や長期の出張(4、5日以上の宿泊)に用いることが多いでしょう。一般的には銀色のジュラルミン製の箱形の手提げカバンをイメージするのでないでしょうか。かつて大使館員(仏語:attache アタッシェ)が書類を携行するのに用いていたことからこの名前が付きました。つまりは、そうしたところも一流ブランドが魅力的な理由のひとつとも言える。

この小さな日本だけで年に1500億円以上という売上げもさることながら、デザイン性の優雅さや実用的な面などから、世界各国で一番人気のあるフランスが誇る一流ブランドがルイヴィトン。正確には「アタッシェケース」と呼ぶのですが、誤読の「アタッシュケース」が一般的になっています。アタッシュケースといえば映画のヒーローや銀行の現金輸送ぐらいのイメージしかありませんでしたが、最近、若いサラリーマンの人がビジネスバッグとして使っている姿をちょくちょく目にするようになりました。なかなかクールでかっこ良く感じます。マチ幅の広い口金式のブリーフケースを意味する。ルイヴィトン鞄 スーパーコピー米国のジョン・F・ダレス特使が愛用していたことから、銀座の老舗鞄店が命名し大人気となり、この名がつく。米国ではカルテ、診療器具など携行品の多い医師が多く使用することからドクターズバッグとも呼ばれる。素材は硬くて厚い牛革が用いられることが多い。かつては堅牢かつ容量自在なブリーフケースとして普及していたが、ナイロン製の軽量カバンに押され気味である。

しかし、現在もその機能性と風格溢れる佇まいからビジネスマンのための最高級ビジネスバッグとして憧れの逸品であることには違いない。キャスター付きのバッグを意味する。もともとは客室乗務員(フライトアテンダント)が使用していたのが、、はじまりと言われている。ほとんどのスーツケースにキャスターが付いているので、スーツケースとトロリーバッグの意味にほとんど差異はないが、ニュアンスとして、スーツケースというと「ABS樹脂やPC(ポリカーボネイト)製、鍵付きでキャスター付きの旅行や出張専用のカバン」を指して言い、トロリーバッグというと「ナイロン製などの旅行用途以外でも利用できるキャスター付きのカバン」を主に意味するようになっている。まったく同じ品でも販売店が異なるので、金額や送料などにバラつきがあります。お目当てのルイヴィトン鞄 偽物商品を絞り込みながら比べてみましょう。イーベイなどのオークションや通販でのシャネルのバッグの販売価格は、おNEWの値段と安価なアウトレット品や使用済みのバッグの売値とでは果たしてどのくらい違ってくるんでしょうか?

http://seesaa-ita16.seesaa.net/article/382273426.html?1386578713

この記事へのコメント