誇りをもってその仕事に従事することである

 努力しなければ、運かれ早かれ暮らしむきは悪くなっていく。この点について、若い人は考えちがいをしがちだ。とりかえしのつかないまちがいである。たとえばビンをつくることは重要ではないからといって、誰がその職業をつまらない仕事だといえようか。

 たとえそうだとしても、日々の生活になくてはならない必需品であり、常にその恩恵をこうむっているものである。役に立っ仕事ならすべて尊敬に値する。誇りをもってその仕事に従事することである。
1x.jpg

この記事へのコメント