2017年03月22日

近所の人たちに電話をして救援を頼んだ

 父は全身不随の寝たきりで、その父を年老いた母がひとりで看病していたときである。驚いて母に電話をした。起きてみたら辺り一面が水になっていて、家の中の水面もすでに床の高さまである、と言う。早遮、近所の人たちに電話をして救援を頼んだ。
1aa.jpg
 皆も突然の出水で気が動転していたらしく、私の家のことまでは手が回っていなかったようだ。結局、近所の人たちが隣家の=階へ父を運んでくれて、事なきを得た。私が洪水の事実を教えてもらって、すぐに電話をしなかったら、父母の運命はどうなっていたかわからない。
posted by d4c54rnh at 15:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください