2017年01月20日

サムスントップの逮捕認めず韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告の国政介入事件で、ソウル中央地裁は19日、特別検察官チームによるサムスングループの事実上のトップ、サムスン電子の李在鎔副会長(48)に対する贈賄や横領、偽証容疑の逮捕状の請求を棄却した。これにより、韓国最大財閥トップの逮捕は回避されたが、不透明な経営実態への批判は収まりそうにない。一方、特別検察官チームは捜査方針の見直しを迫られ、李副会長の在宅起訴を検討するとみられる。 サムスントップの逮捕認めず

 韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告の国政介入事件で、ソウル中央地裁は19日、特別検察官チームによるサムスングループの事実上のトップ、サムスン電子の李在鎔副会長(48)に対する贈賄や横領、偽証容疑の逮捕状の請求を棄却した。これにより、韓国最大財閥トップの逮捕は回避されたが、不透明な経営実態への批判は収まりそうにない。一方、特別検察官チームは捜査方針の見直しを迫られ、李副会長の在宅起訴を検討するとみられる。

 逮捕状の可否を審査した判事は「現段階で逮捕の事由や必要性を認定するのは難しい」と発表。理由として「賄賂犯罪の要件となる対価関係、不正な請託などに対する現在までの証明の程度や、各種支援経緯に関する具体的事実関係とその法律的評価をめぐり争いの余地がある」と指摘した。

 これに対し、特別検察官チームの報道担当者は19日、「容疑内容の法的評価に関して見解の違いがある」と述べ、「棄却は極めて遺憾だが、必要な措置を検討し、捜査を揺るぎなく進める」と強調した。
posted by d4c54rnh at 10:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

もったとしても低い目標しか掲げない者もいる

 人生の指針となる月探をまったくもたない者、また、もったとしても低い目標しか掲げない者もいる。逆に、高い月標をもって人生のスタートを切る者もいる。遊歩と成功の度合いは、それぞれの月標の高さに応じて決まるのである。

 古いことわざにもあるとおり、「太陽に向かって矢を射る者は、太陽を射止めることこそできなくとも、自分の身の丈ほどの的をねらった者よりも、より高くその矢を飛ばすことができる」のである。
4a.jpg
posted by d4c54rnh at 10:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

韓国経済に忍びよる危機

11.jpg
韓国の大統領、朴槿恵(パク・クネ)が政治生命の危機に直面している。

長年の友人、崔順実(チェ・スンシル)の国政介入などを巡って大統領側近が起訴される中、検察からは大統領本人の共謀も認定されている。12月上旬にも野党は弾劾案を採決する方針で取りまとめを急いでおり、大統領が一段と厳しい状況に追い込まれるのは時間の問題だろう。

韓国では大統領経験者やその親族が、民間企業から不正資金を受け取るなどしてスキャンダルに発展した例が多い。

今回も、崔被告の設立した企業や財団に便宜を図るよう、大統領が財閥企業などに圧力をかけたことが報じられている。そこには、身内の利益を重視する文化、そして、一部の財閥企業による経済の支配、という韓国特有の事情が影響している。

すでに財閥傘下の韓進海運は、積極経営が裏目に出て経営破綻に陥った。世界の需要が低迷する中、スマートフォンや液晶テレビ、自動車などの輸出主導で業績を拡大してきた財閥企業の経営は行き詰りつつある。

そこに政治の混乱が加わることで、韓国経済は厳しい状況に直面する可能性が高い。
posted by d4c54rnh at 10:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする